「1週間で正確な音程で歌えるようになる本」石川芳著

公開日: 更新日:

 コロナ禍以降、苦手なカラオケに行く機会がなくなり少し気が楽だ。いや、歌は好きなのだが自分でも下手くそなことが分かる。しかし、今さら歌のトレーニングに通うというのも大げさだ。

 と、思っていたときに、7日間のボイストレーニングプログラムを伝授してくれるという本を見つけた。オーディオファイルのリンクも掲載されており、ダウンロードすればひとりでもお手本や伴奏にならってトレーニングができるのだ。

 さっそく1日目のトレーニングを開始。最初はリズム感を鍛えるのがいいという。ダウンロードしたファイルのカウントに合わせて、手をたたいてみる。次に“ワン・ツー・スリー・フォー”と声を出すこともプラス。さらに1拍目は足を踏み鳴らし、2拍目は手をたたくというように難易度を上げていく。コツはシラ~ッと冷めた気持ちでやるのではなく、人に見られたら恥ずかしいぐらいノリノリでやることだというのだが、これが簡単なようで意外とできない! ノリノリになるほどカウントからズレたり遅れたりしてくる。なるほど、こんなリズム感では曲のテンポにあった歌い方はできないではないか。やってみて深く納得。

 2日目は音感を鍛えるトレーニングで、お手本の「ドー、ミー」「ドー、ラー、ドー」などの音を聴き、その後に続いて正確に声に出す。集中して音を聴き丁寧に発声することで、音程の調整が少しずつうまくなるのが実感できた。

 こうして7日間を終えた結果、音程が安定し、気持ちよくリズムに乗って歌えるようになってきた(気がする)! トレーニングはまた1日目から繰り返して行うといいという。コロナ収束後にカラオケに行くのが楽しみになってきたぞ。 <浩>

(リットーミュージック 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害