「世界でいちばん素敵な数学の教室」永野裕之監修

公開日: 更新日:

 高校時代、微分や積分で数学に挫折してしまった人も多いはず。本書は、もう一度基礎から数学を学び直したいと思いながら、生理的に体が受け付けないと思い込んでいる文系の人に、オススメの入門ビジュアル図鑑。

 数学嫌いが抱きがちな、そもそも「数学は何の役に立つの?」という疑問から、「いまだに証明されていない数学の難問を教えて!」まで、30余の質問に答えながら、数学の魅力を教えてくれる。

 例えば、すべての数の中で、もっとも重要な「素数」とは何か、続いて「完全数」や「虚数」など、数はその特性によってさまざまにグループ化されることとその概要を紹介。その上で「ハチの巣はどうして六角形なの?」との疑問から数字の「6」が持つ特徴をいろいろな視点から解説。さらに「バンパイア数」や「ナルシシスト数」といった独自の法則性を持つ数など、まずは数字の不思議に触れる。

 ほかにも、神戸ポートタワーやサグラダ・ファミリアなどの建物に用いられている「包絡線」や「カテナリー曲線」などを例に、図形について解説。

 一方で「日本にある桜の木の数って計算で求められる?」という設問に、正確に割り出せない種類の値を「だいたいの数」として導き出す手法「フェルミ推定」を用い、実際に約6500万本と推定してみたり、音楽が数学と密接に関わっていることなど、日常の話題から少しずつ掘り下げ、興味をそそっていく。

 ちなみに「微分」「積分」を簡単にいうと、ジグソーパズルを完成させるのが積分、バラバラにするのが微分というイメージだそうだ。

 素因数分解がネット社会に不可欠な暗号に用いられていたり、微分・積分がスマホのバッテリー残量の計算に用いられていると知れば、数学がより身近に感じられるに違いない。

(三才ブックス 1650円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  2. 2
    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

  3. 3
    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

  4. 4
    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

  5. 5
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  1. 6
    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

  2. 7
    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

  3. 8
    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

  4. 9
    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

  5. 10
    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」

    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」