「和想百景」 藤浪秀明著

公開日: 更新日:

「日本を感じる風景」をテーマに、SNSで発信を続ける絶景写真家の作品集。

 撮影場所は主に関西で、有名な観光地や名所も含まれているのだが、どの作品もまるで初めて見るかのように新鮮な驚きと美しさを感じさせてくれ、まさに日本の絶景と出合える一冊だ。

 日本の春といえば桜。ページを開くと、まず京都・高台寺の一景が現れる。寺院の一室、開かれた書院障子から見える白砂の庭が陽光に輝き、白砂に反射した光にしだれ桜が揺れている。2019年のみ公開された場所からの風景で、普段は立ち入ることができない場所から見た特別な一枚だ。高台寺は、秀吉の正室・ねねが秀吉の冥福を祈って建立した寺院。2人の関係が一枚の写真の中に凝縮したように、温かく、静かな時間が流れている。

 奈良の壺阪寺の大仏は、満開の桜に囲まれ、まるで桜の衣をまとっているかのよう。他にも、滋賀の彦根城の外堀を埋め尽くすかのような桜や、奈良の吉野山の満開の桜と大雲海が織り成す夜景、樹齢300年ともいわれるしだれ桜「又兵衛桜」と流星のコラボレーションなど、これでもかと桜の風景が並ぶ。中には、偶然見つけた、とあるダム湖の山桜を被写体に、会心の作品が撮れるまで4年がかりで撮影した一枚もある。

 そんな桜尽くしの中に、紛れ込むように差し込まれた奈良県・長岳寺の一景に、ハッとさせられる。

 樹木に囲まれた池に浮かぶように群生したカキツバタが、差し込む光に美しく映える。

 そして、カキツバタの花の青が散らばった池の水面を揺らしながら、まるで仏の使いのような黄金の鯉が何かを告げるかのようにこちらに向かってゆっくりと泳いでくる。

 夏の章の扉を飾るのは、奈良の三輪の夜空いっぱいに広がった大花火。その花火の輝きが、大神神社の日本一の大鳥居のシルエットを浮かび上がらせる。

 和歌山県にある古座川の上流の滝を目指している時に見つけた風景は、この世界に存在するあらゆる緑色がすべて一枚に収まっているかのように、豪華な緑のグラデーションをつくり出す。

 大阪のとある竹林では、陸生のヒメボタルが明滅しながら観客のいないショーを繰り広げ、奈良・藤原宮跡の池では、蓮の花がまるで太陽を抱くように空に向かって高く茎をのばしている。

 そして季節は秋へ。長野・御射鹿池の水鏡に映った秋景色を切り裂くように鴨が泳ぎ、兵庫県・安国寺では庭のドウダンツツジをどのように撮ろうか悩んでいると、現れた粋人が影絵のように写り込み、作品を一幅の絵画に仕上げる。

 さらに、雪景色の京都の下鴨神社や岐阜の白川郷など、四季それぞれの絶景が並ぶ。

 日本の風景の美しさ、魅力に改めて気づかせてくれる作品集だ。

(KADOKAWA 2200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  2. 2
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  3. 3
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  4. 4
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

  2. 7
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  3. 8
    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

  4. 9
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  5. 10
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂