「音声学者、娘とことばの不思議に飛び込む」川原繁人著

公開日: 更新日:

 鋭角的でギザギザな図形と柔らかな曲線の図形がある。どちらが「タケテ」でどちらが「マルマ」という名前かと問うと、母語や年齢に関係なく大多数の人が前者をタケテだと答える。音声学には阻害音と共鳴音という子音の分類法がある。前者は「パ、タ、カ、バ、ダ、ガ、サ、ザ、ハ」行、後者は「マ、ナ、ヤ、ラ、ワ」行の音だ。阻害音は硬く角張った印象で、共鳴音は柔らかく優しい印象。阻害音から成っているタケテがギザギザの方に名付けられるのは妥当ということになる。

 こうした音の意味のつながりを「音象徴」という。音声学者の著者は、娘たちとアニメのフレッシュプリキュアごっこをしているときにあることに気づく。プリキュアの登場人物の名前には、ベリー、パッション、ピーチ、パインなど、最初に両唇が閉じる「両唇破裂音」が圧倒的に多いのだ。なぜか。赤ちゃんが話し始める子音は「バブー」など両唇音であり、両唇音→赤ちゃん→可愛い→プリキュア、というつながりがあるのではないか。

 さらに、赤ちゃんが両唇音を使うのは母乳やミルクを吸うために唇を動かす筋肉が発達し、両唇音が得意技になる──と推察していく。また、ポケモンが進化すると名前に濁音が付くようになる(イワーク↓ハガネール)のは、音象徴で、濁音は「大きい、強い」を意味するからだとも。

 これら音声学にまつわることばの不思議を、著者は2人の娘の発達過程を見守りながら次々に発見していく。その思いつきを援護射撃するのは、同じ言語学者の妻であり、ときに著者の偏りを絶妙に修正していく。この言語学者夫妻は「ふみきり(踏切)→ふみちり」「さんびき(三匹)→さんぴき」といった子どもの言い間違いも、格好の研究材料として直そうとしない。

 音声学の入門書の役割を果たすと同時に、学者夫妻のユニークな子育て日記として読むこともできる。 <狸>

(朝日出版社 1925円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由