「孤狼の血」柚月裕子著

公開日: 更新日:

 暴力団関係を担当するいわゆる「マル暴」刑事は、見た目も言動もほんもののヤクザと見紛うようなコワモテというイメージが強いが、本書に登場するマル暴刑事はそのイメージそのもの。

【あらすじ】日岡秀一は25歳の巡査。交番勤務から刑事になって初めての配属先は広島市から30分ほどの距離にある呉原市の呉原東署捜査2課。2課は暴力団関係と知能犯係に分かれていて、日岡は暴力団関係を担当。直属の上司は大上章吾巡査部長44歳。凄腕のマル暴刑事として名を馳せ、警察庁長官賞をはじめとする受賞歴も県内トップだが、強引な違法捜査も多く、訓戒処分も現役ワーストという問題人物で、監察からも目を付けられているらしい。

 初対面の挨拶に赴いた日岡に、大上はいきなりヤクザに喧嘩をふっかけろと命じる。相手は素手の喧嘩をやらせたら3本の指に入るという剛の者。空手をやっていた日岡はなんとか対等に戦い大上を感心させる。

 噂通りのとんでもない人間だと呆れる日岡だが、実はこの喧嘩がその後の県内を揺るがす大規模なヤクザ抗争の序章となる。

 現在の呉原市は老舗の博徒、尾谷組と新興の加古村組とが互いに覇権を争い、一触即発の様相を呈していた。大上は無軌道な加古村組を壊滅して昔馴染みの尾谷組によって安定化を図ろうとしていた。しかし、加古村組の背後にいる県内最大の暴力団の思惑も絡みながら事態は意外な方向へ進んでいき、大上自身も危うい立場に追い込まれていく……。

【読みどころ】舞台は昭和63年の広島。暴対法施行前の「仁義なき戦い」の世界を彷彿させる苛烈なヤクザ同士の抗争が繰り広げられていく。役所広司(大上)、松坂桃李(日岡)のキャストで映画化もされた、悪徳警察小説の傑作。 <石>

(KADOKAWA 836円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか