「中国民衆玩具」尾崎織女著、高見知香/写真

公開日: 更新日:

 日本玩具博物館(兵庫県姫路市)がコレクションする中国玩具を紹介、解説する写真図鑑。

 紹介される中国玩具の多くは、清代(1644~1912年)のころに大陸各地で誕生し、その土地の人々に愛され、受け継がれてきた地域色豊かな品々で、中には宋代(960~1279年)や明代(1368~1644年)に起源を持つものも。

 こうした中国玩具の多くは、寺院や道観(道教寺院)の廟会(日本の縁日のようなもの)で土産物として売られていた。祭礼の日の参道で買われたこうした人形や玩具は、子どもの遊び相手だけでなく、持ち主や家族に幸福をもたらす吉祥物(マスコット)として大切に扱われ、人々の暮らしを彩ってきたという。

 まずは、広い大陸の東北部にあたる遼寧省・吉林省・黒竜江省の玩具から。

 遼寧省では「揺鼓」、吉林省から黒竜江省では「孩儿打鼓」と呼ばれるおもちゃは、日本の「でんでん太鼓」によく似た音が鳴る玩具だ。

 でんでん太鼓とは異なり、泥人形の腹部を太鼓に仕立てた孩儿打鼓も、色紙の衣装を着せられた泥人形が太鼓を抱える揺鼓も、持ち柄を振ると、取り付けられたバチが太鼓を叩く仕掛けになっている。

 アジアでは、こうした仕掛け玩具の素材として、しなやかで折れにくい竹が多用されるが、寒冷のため竹が育ちにくい中国の東北部では、代わりに高粱が使用されている。

 同じタイプの玩具は、山東省や河南省でも作られ、そこには音によって目に見えない悪霊から子どもを守ろうとする親たちの愛情がこもっているという。

 同じく遼寧省の大都会・大連で収集された木製人形「打把勢」は、人形から伸びた棒を回すと針金でつながれた両腕や両足が激しく動く。人形の手は中国武術に用いる柳葉刀を持ち、その動きは武術のようでもある。打把勢には、「手足をやたらバタバタ動かす」「武術の練習をする」というふたつの意味があり、まさにこの玩具にピッタリの名前だ。

 また北京の郷土人形「毛猴(猿)」は、漢方薬局の店員が店の売り物のセミの抜け殻や辛夷(コブシのつぼみ)をつかって店の会計係に見立てた猿を作ったのが始まりだとか。

 紹介されているのは毛猴たちが麻雀卓を囲んでいるものや、人力車を引いたり街角で食べ物屋を開く猿など、当時の風景を猿たちで表現するのが特徴だ。 

 他にも、シュロの葉を用いてカマキリやバッタなどの昆虫を作る湖南省長沙市の「棕編昆虫」や、棒の先に結び付けたムチで回転を与え続ける新疆ウイグル自治区の叩き独楽「陀螺」など、東北・華北・華東・中南・西南・西北の6地域別に83種類の玩具を紹介。

 中には、戦乱や文化大革命などの混乱によって中国ではもう姿を消してしまった玩具もあるという貴重なコレクションだ。

 (大福書林 3850円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された