「イラストで見る UFOの歴史」アダム・オールサッチ・ボードマン絵と文 ナカイサヤカ訳

公開日: 更新日:

 NASA=アメリカ航空宇宙局は、UFO(未確認飛行物体)などの正体不明の現象について科学的に調査する研究チームを立ち上げると発表。ということは、やはり我々が考えている以上にUFOが目撃され、これ以上、無視できなくなったということなのだろうか。本書は、古代から現代までの人類とUFOとの関係を振り返るビジュアルブック。

 そもそも、ピラミッドやナスカの地上絵、モアイ像など、古代人が知るはずもなかった工学的知識による遺跡や宇宙人らしいものを、地球外生命体と人類が交流した証拠だと説く人もいる。また、妖怪や悪霊などが登場する各国の民話や神話が、実は宇宙人と出会った体験を語っていると信じる人たちもいる。

 そうした古代人と地球外生命体のあったかもしれない接触を思わせる痕跡から、時系列に紹介。

 1947年6月24日には、現代UFO史の始まりといわれる事件が起きる。自家用小型機で飛行中のアーノルド氏が、アメリカ西海岸のレーニア山付近で9つの飛行物体を目にする。動くその物体を「パイ皿」のような形と説明したアーノルド氏の目撃情報から「空飛ぶ円盤」という言葉が生まれたという。

 その直後には、ニューメキシコ州ロズウェルで墜落した謎の物体の残骸が発見される。さらに10年後、ブラジルで農民が着陸した円盤に引きずりこまれ、医療処置の被験者にされ、女性宇宙人と性的関係までもったという初のアブダクション(宇宙的誘拐)が発生する。

 ほかにも多くのエピソードを紹介するとともに、目撃された宇宙船やエイリアンのタイプや容姿など、さまざまな視点から歴史を振り返る。

 NASAの調査結果が出るまで、心の準備をしておいたほうがよさそうだ。

(マール社 1870円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも