「嫌いなら呼ぶなよ」綿矢りさ著/河出書房新社

公開日: 更新日:

 綿矢りさ氏の小説は、普通の人間の中に潜んでいる悪を見事に描き出している。本書には「眼帯のミニーマウス」「神田夕」「嫌いなら呼ぶなよ」「老は害で若も輩」の4作品が収録されている。コロナ禍で自粛生活が続く中で心の闇が深くなったというのが全作品の背景にある。

 抜群に面白いのが、不倫が露見したときの男のうろたえる姿を描いた「嫌いなら呼ぶなよ」だ。霜月一誠は妻の楓と共に森内家の新築祝いのホームパーティーに招待される。森内萌華は楓の高校時代からの親友だ。他にもう一組の家族が招かれている。

 ところが新築祝いのホームパーティーというのは口実で、一誠以外の全員がこの場で一誠の不倫について糾弾会を行うことを決めていたのだ。一誠はひたすら頭を低くして、嵐が去るのを待とうとしたが、探偵社により撮られた不倫現場の写真を見せられて万事休すという状態になる。そして弁護士が作成した不倫に関する自らの非を認める文書への署名を強要される。そのとき一誠は心の中でこんなことを考えた。

<昼間の裏で繋がりたい、現実の世界とは一味違う歪な時間を誰かと共有したいという渇望のある人間には、会ってすぐ分かる独特の色気がある。笑顔で自己紹介している後ろの陰で、目の笑ってないミーアキャットを飼っているような。心の深部で妙なペットを飼ってるのは政略好きの性格悪いだけの奴とも同じだけど、下半身使うタイプはもっと有頂天にミーアキャットを愛でてる。ダメな愛し方で甘やかしている。/いま僕をとり囲む人たちは自分の陰でペットなんて飼ってないし、なんなら空とか雲とか、天候が頭上に浮かんでいるだけだ。勝手に感情をいじられて薄曇りや豪雨にされると、口惜しくて石を投げ始める。/たださ、君たち関係なくない?/権利があるからって、普通、寄ってたかって行使するか?/一応、暴力だろ。石でも言葉でも嫌悪でも。>

 大上段で正義を振りかざす人は誰もが暴力性を帯びる。「人民裁判」で一誠の不倫を弾劾する人たちは、善人を装いながら暴力の行使を楽しんでいるのだ。 ★★★(選者・佐藤優)

(2022年7月28日脱稿)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま