「サスペンス小説の書き方」パトリシア・ハイスミス著 坪野圭介訳

公開日: 更新日:

 昨年末に映画にもなったテレビドラマ「あなたの番です」は、交換殺人をテーマにして大きな話題を呼んだ。交換殺人は殺人相手を交換することで、動機が不明確になりアリバイもつくれる。数多くのミステリーで使われている手法だが、これを使った先駆的な作品がパトリシア・ハイスミスの「見知らぬ乗客」だ。妻と別れたがっている男が列車に乗り合わせた、見知らぬ乗客から交換殺人を持ちかけられるというもの。ヒチコックの同名映画も評判になった。

 本書は、パトリシア・ハイスミスがサスペンス小説を書こうと思っている若くて経験の浅い作家たちに向けた創作指南書だ。単なるハウツーではなく、自らの作品を素材に、アイデアをどう芽吹かせるか、プロットをどう展開していくのかなどを具体的に論じ、併せて作家という仕事の舞台裏なども明かされている。

 中でも長編「ガラスの独房」については、刑務所に収監されていた囚人からの手紙をアイデアの芽としてどうプロットを立てていったのかが詳細に書かれている。しかしその第1稿は満足のいくものではなく、第2稿でどう修正したかの経緯がつづられている。作家志望の者にとっては最上の手本となるだろう。

 驚くのは、改稿になった「ガラスの独房」を出版社に渡すと、返事はノー。これ以上直す必要がないと思ったハイスミスは別の出版社に持ち込み、刊行される。すでに「見知らぬ乗客」「太陽がいっぱい」といったベストセラーを出している彼女にして、そういう査定が下るというのは、最初の出版社に見る目がなかったのか、あるいはアメリカのミステリー・サスペンス界の熾烈な競争ぶりを示しているのか。

 タイトルに「サスペンス小説」と銘打たれているが、著者が本文の諸所で強調しているように、この創作術はミステリー、サスペンスを超えて、広く小説全般に及ぶ豊かな知見に満ちている。 <狸>

(フィルムアート社 2200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま