「GE帝国盛衰史」トーマス・グリタ+テッド・マン著 御立英史訳/ダイヤモンド社

公開日: 更新日:

 20世紀最高の経営者と称賛されるのが、ゼネラル・エレクトリック(GE)のCEOを20年務めたジャック・ウェルチだ。家電製品から航空機エンジン、原発まで、GEは世界最大のコングロマリットだった。その巨大船団を率いて、ウェルチは、80年代から90年代にかけて、とてつもない成長を会社にもたらした。

 本書は、そのウェルチから01年にCEOを引き継ぎ、16年にわたってGEのトップに君臨したジェフリー・イメルトの奮闘記だ。だから普通の社史とは異なり、本書の主人公は、人だ。イメルトとその周りの人たちが、何を考え、どう行動したのかを詳細につづっているので、まるでドラマを見ているような臨場感がある。イメルトは、就任直後にウェルチの輝かしい業績が砂上の楼閣であることに気付く。アメリカの企業会計というのはとても不思議で、会社の利益を自由に操作できてしまうようになっている。その仕組みを活用して、ウェルチの業績が大きく水増しされていたのだ。

 神格化されたウェルチには誰も逆らえない。だからトップダウンで与えられた業績目標を未達にしたら、部下たちの未来はない。だから、数字をつくってしまうのだ。

 イメルトは、何とか立て直そうと奮闘するが、業績はちっとも上向かない。それどころか、イメルトの退任後、GEはニューヨークダウの構成銘柄から外され、格付けも落としてしまう。そしてイメルト自身も、数字の操作に手を染める。そうは書いてないのだが、GEの転落は、突き詰めるとウェルチが広めた「アメリカ型経営」が致命的に間違っていたからだと思う。CEOへの権限集中、事業の選択と集中、四半期決算、業績至上主義、厳しいノルマ、経営トップの巨額報酬、そういったものが積み重なって、会社があらぬ方向に走っていってしまい、結局、被害を受けるのは第一線で一生懸命働いた従業員になるのだ。

 実は、GEと東芝は古くから関係があり、総合家電という業種でも同じだ。そして、経営トップの暴走で、会社が大きく傾いたという点でも極めて似ている。だから本書で描かれた米国型経営の問題は、けっして他人事ではない。経営理念を考えさせる好著だ。 ★★★(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実