「『ゴキブリ嫌い』だったけど ゴキブリ研究はじめました」柳澤静磨氏

公開日: 更新日:

 夜中にガサゴソ物音がして、黒い物体がさっと走り去る。招かれざる客として突然家に現れるゴキブリは、見つかり次第すぐ殺される嫌われる虫ナンバーワンだ。自らゴキブリストと名乗りゴキブリ研究にいそしむ著者も、以前はゴキブリが大の苦手だったらしい。

「子どもの頃から昆虫が大好きだったのですが、ゴキブリだけは昆虫図鑑のゴキブリのページをセロハンテープで封印してしまうほど大嫌いでした。でも仕事で西表島に行ったとき、ヒメマルゴキブリに出合い、(あれ? ゴキブリって面白いかも?)と先入観が崩されたんです」

 著者が出合ったヒメマルゴキブリは、なんと、見た目がほぼダンゴムシだった。家によく出没する光沢のある黒い体のクロゴキブリや、茶色いチャバネゴキブリなどとは全然違う。

■世界に4600種以上

 手のひらに乗せてみたら、体を丸めて転がったその姿に感動し、今までのゴキブリのイメージが崩れ去ったという。

「ゴキブリは非常にバラエティーに富んだ昆虫です。世界に4600種類以上、日本には64種類が確認されているのですが、これでもまだ学名がついているものだけにすぎず未発見の種もたくさんいるといわれています。家に出るゴキブリだけがゴキブリではなく、カラフルなものやテントウムシのようなもの、漢方薬になるものや子守をする種もいるんですよ」

 そもそもゴキブリはカマキリと共通の先祖から分岐したカマキリに近しい存在で、卵鞘を産む、お尻に尾脚を持つなどの共通点がある。香川照之氏扮するカマキリ先生のおかげでアイドル的昆虫に上り詰めたカマキリに対して、一方のゴキブリは忌み嫌われるばかり。

「見た目や予測不可能な動きが嫌われるということもあるでしょうが、何よりも生活圏の家の中に入ってくるのが不快なのかもしれません。ただそれ以上に、子どもの頃から大人が怖がる姿を見て育つことで、深く知らないままゴキブリに嫌悪感を持つようになるのでしょう」

 とはいえ、雑食性のゴキブリには重要な役割がある。落ち葉や果実、動物の糞、朽ち木などを食べて分解するだけでなく、植物の種子を運び、他の生き物の食料にもなることから、ゴキブリがいるからこそ生きられる動植物は多いのだ。

「ゴキブリはなかなか死なないと思っている人もいるかもしれませんが、一晩容器に入れておいただけで死んでしまう種や、限られた環境にしかすめないため、絶滅が心配されて保全対象になっているものもいます。クビを切っても死なないとかいう都市伝説もありますが、たまたま家に出る種類のゴキブリの生命力が強いだけで、ゴキブリという生き物は、他の昆虫と変わらないんです」

 本書では、ゴキブリの生態や種類を解説しつつ、ゴキブリ嫌いの著者が、嫌いを克服してゴキブリをペットとして飼うようになるまでの過程から、自身が新種を発見して、論文発表、新種記載にまで至った経緯がつづられている。ゴキブリの飼育の仕方、脱皮直後のゴキブリの姿、ゴキブリを食べたらどうなるか、ゴキブリの標本づくりなどなど、知られざるコアな情報が満載だ。

「虫を見かけることが少ない都会に住む人にとって、ゴキブリは一番身近な昆虫です。嫌悪感があるからこそ無関心ではいられませんし、生活圏に出ればもちろん駆除が必要だと思います。でも、ゴキブリの生態や役割を正しく知ったうえでゴキブリに向き合うと、人間が暮らす世界とはまた別の世界が見えてきます。この夏休み、遠くに出かけるのも楽しいかもしれませんが、逆に家の中や近くの公園に行った際に足元の虫たちをよく観察してみたらいかがでしょう。思わぬ発見があるかもしれませんよ」

(イースト・プレス 1650円)

▽柳澤静磨(やなぎさわ・しずま) 1995年生まれ。日本自然環境専門学校を卒業後、静岡県の昆虫館・磐田市竜洋昆虫自然観察公園に入職。同園で「ゴキブリ展」を企画し、ゴキブリストとして注目を集める。著書に「ゴキブリハンドブック」「学研の図鑑LIVE新版昆虫」(ゴキブリ目を分担執筆)などがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景