「脇坂副署長の長い一日」真保裕一著

公開日: 更新日:

 所轄警察の副署長というと、「踊る大捜査線」シリーズの「スリーアミーゴス」の1人、秋山副署長のように、常に署長や本庁の捜査官の顔色をうかがう典型的な中間管理職といったイメージが思い浮かぶが、本書の主人公、脇坂副署長は自ら現場に出張っていって捜査に当たるという“現場志向”の辣腕副署長だ。

【あらすじ】脇坂誠司は某県所轄の賀江出署の副署長。かつては県警本部で管理官を務め、いくつもの現場を仕切ってきたが、5年前、部下の失態の責任を負わされて警察学校の教官に飛ばされた。2年後、県警本部の警務部に戻されたが、県警の有力派閥の長、赤城によって副署長に任命されたのだ。ところが、新任署長の菊島は赤城のライバルで、脇坂は知らず知らずのうちに派閥争いの渦中に巻き込まれることに。

 そこへ舞い込んできたのが地元出身の人気アイドルの一日署長のイベント。脇坂は副署長としてこのイベントをつつがなく執り行うのが役目。しかし、当日の深夜、娘から母と弟が行方不明だと電話がかかってくる。続いて早朝にはスクーターが道路に横転しているとの通報を受けるが、スクーターを運転していたのは地域課の若い巡査部長で行方不明だという。

 なんとか手配を整え、いざイベントと思いきや今度は当のアイドルの薬物疑惑が持ち上がる。アイドルは疑惑を否定するとともに、一日署長を引き受けたのはある目的があったからだと告白する。いくつもの事件が折り重なり、加えて派閥争いも絡んできて、脇坂は長い一日を過ごすことになる。

【読みどころ】一見無関係な複数の事件が同時多発的に起こり、それが過去の事件と一本の線で結ばれ、すべてが24時間内に解決される──。著者ならではの名人芸が冴える警察小説。 <石>
(集英社 869円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害