北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「嵐の地平」 C・J・ボックス著 野口百合子訳

公開日: 更新日:

 猟区管理官ジョー・ピケットを主人公にするシリーズの最新作だが、これまでの作品を未読で、初めて読む方でも大丈夫。たとえば今回は、ジョーの次女エイプリルが激しく殴打されて意識不明で発見されるところから始まるのだが、このエイプリルがジョーの養女となったいきさつその他は、本文で紹介されるのである。書かれていないことは、特に知る必要もないのだ、と解されたい。

 ネイトという男が登場して、大ピンチに陥るが、この鷹匠がジョーとどういう関係なのかは、1980年代に、ロバート・B・パーカーのハードボイルド小説を読んでいた方なら、スペンサーとホークの関係を思い浮かべれば興趣が増すだろう。しかし、それを知らなくても全然かまわない。親友、盟友と思えばそれだけでいい。

 アクションが素晴らしい。イラク戦争のために造られたMRAP(装輪装甲車両)がものすごい轟音とともに現れるシーンから(おいおい、こんなところに来るのかよ、誰が呼んだんだよと驚く)、地下に閉じ込められたヒロインの必死の脱出行、さらにはエイプリルを救う謎の男の出現、そしてジョーの獅子奮迅の活躍まで、息つく間もなく展開するのだ。その怒涛の勢いが迫力満点だ。切れ味鋭いアクションが鮮やかである。

 これが面白ければ、過去のどの作品でもいいから読んでいただきたいが、個人的なおすすめは「狼の領域」。すごいぞこれ。

(東京創元社 1386円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感