「映画を早送りで観る人たち」稲田豊史著/光文社新書

公開日: 更新日:

 ゼミの学生たちと話をしていて、気になることがあった。それは、話題作を中心に映画をたくさん見ている学生が数多くいることだ。私は深く考えずに、学生だから時間に余裕があるのだろうと考えていた。

 しかし、本書を読んで、合点がいった。若者は、映画を早送りで見たり、あらすじを紹介するファスト映画を見たりしているのだ。本書は、なぜそんなことが起きているのかという謎解きから始まる。著者の分析では、大量の映像作品が供給されるようになったこと、若者がコスパを求めるようになったこと、そしてセリフですべてを説明する作品が増えたことの3つが、原因だという。

 確かに、私の時代には、映画館に行くのは一大イベントだったし、レンタルビデオを借りるのでも大きなコストがかかった。しかし今は、サブスクで、コストをかけずに大量の作品を消費できる。だから、仲間と話題の共有化を図るために、作品のあらすじだけを効率的に吸収しようとするのだ。そうした視聴習慣を前提にしたら、出演者の表情やしぐさで感情表現をする手法は、もはや通用しない。黙っていたら、早送りされてしまうからだ。

 ただし、こうした「早送り」の分析は、本書の導入部分に過ぎない。本書のメインテーマは、生まれた時からネット環境に親しんできた「Z世代」の社会学的分析だ。

 本書でも紹介されているように、Z世代の特徴は、①SNSを使いこなす②ぜいたくをしない③所有欲が低い④仲間とのつながりを大切にする⑤流行やブランドより自分や仲間の好きを優先させる⑥出世欲がない⑦社会貢献意欲がある⑧多様性を認め、個性を尊重しあうというものだ。

 確かにそう見えるのだが、著者のZ世代分析は、さらに深いところまで斬り込んでいく。例えば、多様性を認め、尊重しあうということの本質は、差別を許さないという教育を受けたZ世代が、自分たちだけのお花畑をつくって立てこもる選択をしたということだ。そのことが、「自分と異なる価値観に触れて理解に努める」という行動を若者から失わせていると著者は喝破する。Z世代とのギャップに悩む中高年にぜひとも読んでほしい本だ。 ★★半(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

  2. 2
    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

  3. 3
    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

  1. 6
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  2. 7
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  5. 10
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに