北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「過ちの雨が止む」 アレン・エスケンス著 務台夏子訳

公開日: 更新日:

 ジョー・タルボットを主人公とするシリーズの第2作である。前作の「償いの雪が降る」を未読の人は、では無理かなと思うかもしれないので、全然大丈夫だと最初に書いておく。前作が大学生編で、今回が社会人編と考えていただければいい。その前作で何があったのかは、これを読めばだいたいわかるようになっている。

 AP通信の記者となったジョーはいきなりスキャンダルを報じた元議員に訴えられるなどして社会人の洗礼を浴びるが、それどころではないことも勃発。自分と同じ名前の男の死が報じられたのだ。ジョーは幼いころから父親を知らずに育ってきた。知っているのは、名前が自分と同じであるということのみ。ということはこの男が自分の父親なのか。「ろくでもないくそ野郎」だと母親キャシーは言っていたが、その母親とも最近は交流はないのでそれ以上聞くことはできない。

 そこで、現地に調べに行くことになる。ジョー・トーク・タルボットの死には不審な点があり、警察はそれを調べているらしい。トークの妻ジーニー(故人)の父が莫大な財産を残し、それをトークが相続したので、もしもジョーがトークの息子であるならその財産を相続することになる。風雲急を告げるのである。

 ジョーをはじめとするさまざまな人物のドラマもいいけれど、事件の真相が徐々に明らかになる構成が刺激的だ。

(東京創元社 1386円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

  2. 2
    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

  3. 3
    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

  1. 6
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  2. 7
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  5. 10
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに