北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「不可視の網」林譲治著

公開日: 更新日:

 監視カメラシステム(SCS)という新しいセキュリティーシステムの実証実験のために選ばれた地方都市(姫田市)が舞台の物語である。その実験は、総務省、公安調査庁、外務省、経産省など多くの省庁がこのプロジェクトに関わり、犯罪の抑止と犯人検挙のためのものであり、そこら中に監視カメラがある社会と思っていただければいい。

 多くの語り手が登場してくるが、そのうちのひとりが流れ者の船田信和。姫田駅に着いたときの残金は1010円。スマホで仕事を探すと廃屋の解体作業員を市役所が募集していたのでそれに応募する。いつもはネットカフェやカプセルホテルに泊まっているが、姫田市には空き家が多いので、そのうちの1軒にもぐり込めば宿泊費が浮く、と彼は考える。で、入り込んだ空き家でバラバラ死体を発見する──-おっと思う箇所だが、まだ物語は始まらない。

 次にゴミ焼却施設の従業員となり、今度は団地の空き室にもぐり込むが、ある日仕事を終えて部屋に帰ると、いきなり腕をつかまれ、台所の床に叩きつけられる。背中を足で踏まれ、「お帰り、船っち」と言うので、顔を見ると近所のコンビニで働く川原という女性。なんで俺の名前を知っているのか。なぜ人の部屋に入り込むのか──ここから物語は予想もつかない方向にどんどん動きだしていく。紹介はここまでだ。

 人物造形も、複雑に入り組んだ構成もいいが、予想外の展開がいちばん素晴らしい。

(光文社 924円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ