あさのあつこ(作家)

公開日: 更新日:

6月×日 5月の終わりから6月の初めにかけて、わたしの住む中国山地近くの町は、田植えの季節を迎える。田圃に水が入り、小さな苗が植えられ、ツバメたちが鳴き交わしながら舞い飛ぶ。

 一面に水の入った田は、周りの山々や空や空を行く雲を、くっきりと映し出す。苗が伸びてしまうと田は緑の葉に覆われてしまうから、ほんの一時、現出する風景だ。

 湖沼地帯みたいだなと、思う。毎朝、犬を連れて山間(やまあい)の田圃道を散歩しているのだが、この初夏の風景には心が奪われる。見知らぬ時代の見知らぬ国に迷い込んだような心地になるのだ。

 今年は、特にその心持ちが強い。たぶんピーター・トレメイン著「修道女フィデルマの采配」(田村美佐子訳 東京創元社 1034円)を読んでいたからだろう。

 法廷弁護士にして裁判官の資格を持つ美貌の修道女フィデルマが、アイルランドの各地を巡り難事件を解決する。

 と、裏表紙にはある。

 物語の舞台は7世紀のアイルランド。主人公はモアン王国の王女だ。姫君が法律家であり名探偵という設定は正直、突拍子もないと思われる。ドーリィ(法廷弁護人)だのブレホン(裁判官)だの聞きなれない単語が満載で、些(いささ)か取っ付きにくくもある。しかし、読み進めると、まるで気にならなくなるのだ。自らの死を予言し、その通りに殺害された占星術師。消えた魚料理と殺された料理長の謎。養い子を殺した意外な犯人……。どの事件も思いがけない展開とフィデルマの鮮やかな推理に引き込まれ、物語世界に浸りきってしまう。

 推理小説として存分に楽しめること、間違いなしだ。それと同時に、時空を超えて心を遊ばせる快感も味わえる。憂い多い現在だからこそ、力になる1冊かもしれない。

 そして、もう1つ、古代アイルランドでは、男女は同等に扱われ、性で差別されることはない。女性であっても公的地位に就くことができるのだ。

 露骨なジェネレーションギャップが残る、21世紀の我が国。あまりに遅れ過ぎてない?

 などと思案しながら、今日も犬と一緒に散歩をしてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質