北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「マウンテンガールズ・フォーエバー」鈴木みき著

公開日: 更新日:

 登山をモチーフにした作品集だ。5編の主人公はすべて女性である。高校生から専業主婦、アラサーの派遣女子まで、さまざまな女性が登場して山との関係が描かれていく。

 どの短編も読ませるが、ここでは「クライミングジム・シンデレラ」をとりあげておきたい。語り手である二階敏子は、週に最低1回(多いときは4回)ジムに通っている。学生時代はワンダーフォーゲル部に所属していた敏子は、自宅から車で20分のところにあるジムに通ってストレスを発散している。この50代の専業主婦の鬱屈した日々が描かれていくのだが、威圧的な夫との静かな生活が絶妙に描かれていて、なかなかにうまい。

 42歳の志村千穂が山岳会の仲間と八ヶ岳に行く「ザイル・パートナー」で、年下の亨との会話に(千穂は会社の後輩にプロポーズされるからモテモテなのだが、実は亨を意識している。おお、どうなるんだ)、この二階敏子の名前が出てくる。「二階女史も来ればよかったのに」と言う亨に、「二階さんは、昔ワンゲルの後輩が八ヶ岳で亡くなったとかで、それから八ヶ岳には行けないんだって。昨日ジムで言ってました」と志村千穂が答える場面だ。

 その八ヶ岳で亡くなった後輩の娘が語り手になるのが「母がいた八ヶ岳」。このように、微妙に重なってつながっていく趣向もいい。

 これが初の小説ということだが、構成も造形も描写もいいのでぜひおすすめしたい。

 (エイアンドエフ 1870円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた