「ダブルターゲット 二重標的 東京ベイエリア分署[新装版]」 今野敏著

公開日: 更新日:

 今野敏といえば、警察小説の第一人者。警視庁強行犯係・樋口顕シリーズ、警視庁捜査一課・碓氷弘一シリーズ、横浜みなとみらい署シリーズ、隠蔽捜査シリーズ等々、数多くの警察小説シリーズを世に送り出している。本書は、〈安積班シリーズ〉と称される、安積剛志警部補率いる刑事課強行犯係安積班が活躍するシリーズの第1作。

【あらすじ】東京第一方面本部の20番目の警察署、東京湾臨海署。通称、ベイエリア分署。東京湾の開発が進み、湾岸道路網の整備によって既存の警察署では対応できない犯罪が増加する恐れがあったために新設された。

 同署の刑事捜査課は旧来の所轄署と管轄が重なるため、応援に駆けつけるという現場の刑事にとってはあまり面白くない立場に追いやられることが多い。刑事課強行犯係には、安積警部補(係長)を班長として、村雨、須田、黒木、桜井、大橋という総勢6人の小さな所帯。

 事件が起きたのは、若者が集まるライブハウス。殺されたのは30代のホステスで、死因は青酸カリ。この女性はなぜ場違いとも思えるこの店にいたのか。疑問に思った安積は別の殺人事件を報じる新聞記事を目にして引っかかりを覚える。さらに調べると2つの全く異なる事件に接点が見いだされた。無差別殺人との見立てをする本庁とは別に、安積らは独自の捜査を進めていく……。

【読みどころ】合同捜査本部で部下の桜井が電話番に回されたことに憤って所轄の刑事に文句を言うなど、部下思いで自らの矜持を貫く一方で、少人数でやりくりをしなければいけない中間管理職の悲哀を秘める安積のキャラクターがくっきりと描かれている。この後シリーズは、神南署、再び臨海署と舞台を変えながら長寿シリーズとなっていく。 <石>

(角川春樹事務所770円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた