「動物たちのナビゲーションの謎を解く」デイビッド・バリー著 熊谷玲美訳

公開日: 更新日:

 人間は目的地を目指すとき、かつては地図やコンパスを、今ならスマホのGPSを頼りに進んでいく。一方、動物や昆虫はどうか。手ぶらであるが、狩りに出かけたあと自分の巣に間違いなく戻り、また産卵のため自分の生まれた場所にちゃんとたどり着いている。

 こうした動物たちのナビゲーションスキルの不思議に注目したのが本書だ。科学者による研究や取材によって、彼らがどのように進む距離や方向を決めるのか、その謎を解き明かしていく。

 たとえばアカサムライアリは、獲物を持ち帰るとき行きのコースを正確に引き返す。匂いの跡に導かれているのかと思いきや、実は視覚的手がかりを利用していたことが実験で明らかになった。

 北アメリカ西部の高山地帯に生息するハイイロホシガラスは広範囲にわたって餌を隠す習性があるが、彼らも視覚を利用。貯蔵場所の周囲にあるランドマークと、遠くからも見える岩や木など目立つ特徴を記憶し、2段階のプロセスで見つけ出している。

 ほかにもミツバチは内蔵する「時間補正式太陽コンパス」により方向を定めること、夜間に渡りをする多くの鳥が星のパターンを活用しているなど、動物たちの驚異のしくみを明らかにする。

(インターシフト 2640円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット