「陰の季節」横山秀夫著

公開日: 更新日:

 欧米の警察小説は、組織から外れた個性的な刑事が難事件に挑むといったパターンが多い。日本の警察小説にもその手のものがあるが、警察という巨大な機構の一員としての悩みや矛盾、人間関係などを描いたものが多いのがその特徴ともいえる。

 その代表的な作品が横山秀夫の〈D県警〉シリーズだ。警察小説でありながら、刑事部ではなく警務部の人間を主人公にしており、独特の雰囲気を醸し出している。本書は、映画にもなった長編「64(ロクヨン)」に連なるシリーズ第1作。

【あらすじ】県警警務部警務課の二渡真治は、40歳で警視昇任という異例の出世を遂げ、「人事のエース」として皆から一目置かれている。今年も定期人事異動の名簿作業が大詰めとなってきた。もう一息で完了というところに課長の白田に呼ばれた。刑事部長を最後に勇退した大物OBの尾坂部が、任期満了を前にして天下り先の幹部ポストを辞めないと言い出したのだ。

 このままでは次に予定していた退官幹部の行き場がなくなってしまう。申し分のない経歴を経てきた尾坂部がなぜそんな駄々をこねるのか。二渡の問いに尾坂部は口を閉ざすが、調べていくうちに5年前の未解決事件が浮上する……。

【読みどころ】この表題作のほか、監察課を扱った「地の声」、鑑識課と警務課婦警担当係長が登場する「黒い線」、秘書課を舞台にした「鞄」の計4編が収められているが、いずれも濃密な人間関係を背景に緊迫した心理サスペンスになっている。

 凄惨な殺人事件が起こるわけではないが、警察という巨大組織の管理部門で引き起こされる人間ドラマをここまで濃密に描いたことで、著者が警察小説というジャンルに新機軸を据えたことは間違いないだろう。 <石>

(文藝春秋 605円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた