マニア垂涎の堂々167分映画ウンチク大全集

公開日: 更新日:

「ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行」

 マニアックな映画ファンというのは、自分の発見を誰かに語りたくてたまらないというハタ迷惑な人種である。

 近ごろやけに多い映画のユーチューバーはこの手だろうが、同じ映画談議でもプロがやるとやっぱり違うねえ、と思わせるのが今週末封切りの「ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行」。スコットランドのドキュメンタリー監督マーク・カズンズによる堂々167分の映画ウンチク大全集だ。

 もともと英BBCテレビなどで世界中の映画人にインタビューしてきたことから業界に顔が広く、2011年には今回と同じ題名の「オデッセイ」(大航海)編を製作。これが全15回のテレビ番組で古今の映画から種々のエピソードと映像表現を集めたマニア垂涎の中身になっていた。

 本作は原題のサブタイトル「ニュージェネレーション」からわかるように、主に21世紀に入ってからの新しい映画表現を世界中に求め、グローバル化した時代の新しい感性が世界中で斬新な映像を生み出すさまを魅力的に見せてくれる。インドからフィンランド、フランスから香港、ギリシャ、ケニア、アメリカと自在に飛び回るさまは映像の世界旅行の趣だ。

 ちなみに映画マニアというのはいくら食べても太らない大食い自慢みたいなもので、とにかく目の前にドーンと大量の映画を積み上げられると無条件に喜ぶおかしな手合いだ。そこで「キネマ旬報ベスト・テン95回全史 1924-2021」(キネマ旬報 3960円)。戦前から続く専門誌の年間ベスト10が95回にわたって積み上がる。5年前に出た「90回全史」にも共通することだが、近年のヒットはなんといってもSNSが大きな原動力になった例が多い。知られざる地味な作品もSNSの力で注目を浴びる。歴代のベストに「映画も世につれ」の実感が湧いてくる。 <生井英考>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット