「ギリヤーク尼ヶ崎という生き方」後藤豪著

公開日: 更新日:

 1968年秋。東京・銀座の数寄屋橋公園で、1人の創作舞踊家が街頭デビューした。チョークで地面に輪を描き、真っ赤なピエロの衣装に着替えて、顔にドーランを塗る。テープレコーダーのボタンを押し、踊り始める。ギリヤーク尼ヶ崎38歳。大道芸人人生の始まりだった。

 それから半世紀。東京、パリ、ニューヨーク、北京と世界の地面の上で踊り続けて、いま91歳。投げ銭を糧に生きてきた。「じょんがら一代」「よされ節」「念仏じょんがら」など、ファンにはなじみの作品も、昔のようには踊れない。心臓病、脊柱管狭窄症、パーキンソン病を抱える満身創痍の体で、命ある限り大道芸人であろうとしている。

 著者は毎日新聞の記者。ギリヤークさんを自宅に訪ねてインタビューを重ね、たくさんの言葉を引き出した。ギリヤークさんは奇人変人ではない。エキセントリックな前衛芸術家でもない。

 函館の菓子屋の次男で、本名は尼ヶ崎勝見。器械体操が得意で、予科練に憧れる軍国少年だった。祖母に連れられて映画館通いをしたからか、21歳のとき、映画スターを夢見て青函連絡船に乗った。東京で俳優修業をするが芽が出ず、舞踊家を志す。創作舞踊家に3年間師事、その後は我流で自分の踊りを模索した。津軽三味線や鈴木大拙が踊りの原点になったという。

 しかし、踊りでは食べられない。高度成長まっただなか、30代半ばのギリヤークさんはアルバイト仕事に明け暮れながら、もがいていた。踊りたい。自由に表現する場が欲しい。追い詰められた挙げ句の選択が、街頭に出ることだった。

 著者がトレードマークの長髪の理由を聞くと、「床屋さんに行くお金がないんです」と答える。不器用でひたむき。弟子もできず、お金もたまらない。それでも命懸けで踊ってきた。もはや生き方そのものが芸になっている。

(草思社 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

  2. 2
    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

  3. 3
    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

  1. 6
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  2. 7
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  5. 10
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに