「生皮」井上荒野著

公開日: 更新日:

 動物病院に看護師として勤める26歳の咲歩は、子どもの頃から物語を書くのが好きで、カルチャーセンターの小説講座を受講。人気講師・月島光一に筋がよいと褒められ、目をかけられるようになっていた。ところが講座の後の酒席ではいつも月島の隣に座らされ、誘いもある。違和感と師に対する尊敬のはざまで揺れる咲歩に、月島は肉体関係を迫る。

 7年後、週刊誌に「カリスマ講師・月島が性暴力」との記事が掲載される。告発者は咲歩だ。受講生を作家デビューさせ、芥川賞作家まで送り出しマスコミの注目を集めていた月島は、一転、追われる日々になる。なぜ、今ごろ咲歩は告発したのか。俺たち2人は「小説的関係」ではなかったのか──。

 本書は、人気男性講師が起こしたセクハラを軸に、被害者と加害者の意識のズレを描いた長編小説。咲歩、月島、それぞれの家族、受講者仲間らの目線で事件が語られるが、臆測と偏見で事実がこうも歪められるのか、と背筋が寒くなるほどだ。性被害を作り出す空気感までをも描き出し、加害の一端を担うのは誰なのか考えさせられる。

(朝日新聞出版 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…