北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「捜索者」タナ・フレンチ著、北野寿美枝訳

公開日: 更新日:

 主人公のカルは、シカゴ警察を退職してアイルランドにやってきた。なぜ警察をやめたかは短い回想で語られるが、妻と娘とも別れ、いまはアイルランド北部の小さな村で廃屋を修繕しながら暮らしている。

 隣人のマート老人は何かとカルの面倒を見たがるし、雑貨店を経営するノリーンは、妹レナとの仲を取りもとうとする。カルはよそ者なので地元の人たちの冷たい視線を感じることはあるけれど、まあなんとか平穏に暮らしている。アメリカで暮らしている娘とは週に1度、電話で話をしているし(娘が幼いときにぬいぐるみで遊んでいたことを思い出して、町で買った羊のぬいぐるみを大人になった娘に送ったら受け取ってくれるだろうかと思い悩むところはいじらしい)、取り立てて不満はない。行方不明の兄さんを捜してくれ、と地元の子供に頼まれるまでは。

 というわけで、カルの調査が始まっていくという話である。この手の小説は村の人々が何かを隠していて、それが徐々に明らかになっていくもので、これも例外ではないからその意味で驚きはない。

 しかし、この長編の美点は他にある。悠然とした筆致がまずいいし、キャラクターの造形がどれも素晴らしいのだ。さらに特筆すべきは、謎を解いたところで真の解決にはならないという構造だ。大切な人を失った心の傷をどうやって癒やすのか、との命題に正面から向き合うのである。だからラストで熱いものが込み上げてくる。

 (早川書房 1782円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

  2. 2
    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

  3. 3
    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

  1. 6
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  2. 7
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  5. 10
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに