「氷の天使」 キャロル・オコンネル著 務台夏子訳

公開日: 更新日:

 サラ・パレツキーが生み出した女性私立探偵のV・I・ウォーショースキーの正式名称はヴィクトリア・イフィゲニアで、愛称は〈ヴィッキー〉だが、この愛称を許しているのは警官だった父の友人、マロリー警部補のみ。他の人には〈ヴィク〉と呼ばせている。気骨あるフェミニストならではの姿勢だ。

 本書の主人公はフェミニストではないが、愛称どころかファーストネームで呼ばれることを嫌い、〈キャシー〉と呼ばれるたびに〈マロリー〉と訂正する徹底ぶり。「ミステリー史上最もクールな女刑事」と評されるキャシー・マロリー・シリーズの第1弾。

【あらすじ】キャシー・マロリーはニューヨーク市警巡査部長。25歳。元ストリート・チルドレンで盗みを重ねていたところをニューヨーク市警のルイ・マーコヴィッツに補導され、そのまま養女となった。養母のヘレンの深い愛情に育まれて育ったが、失感情症的なマロリーは喜怒哀楽を表に出さず、おまけに道徳観念も欠けていた。

 しかしずばぬけたIQを有し、パソコン教室に通い始めると才能を開花させ、金融機関のコンピューターにハッキングしてヘレンにプレゼントしていた。ヘレンは喜ぶどころか悲しむので、やむなくハッキングは中止。その代わり、NY市警に入って情報収集の面で養父のルイを助けていた。

 そのルイが折しも発生した連続殺人事件を追っているうちに犯人に殺されてしまう。一度も現場に出たことのなかったマロリーだが、自ら養父殺しの犯人の捜査に乗り出していく……。

【読みどころ】連続殺人事件の解決もさることながら、本作では並はずれた美貌を持つマロリーという特異な人間の言動に焦点が当てられ、続くシリーズ(全12作)の序幕といった趣だ。<石>

(東京創元社1320円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記