「ビジュアル解説 みんなで考える脱炭素社会」松尾博文著

公開日: 更新日:

 脱炭素という言葉を頻繁に耳にするようになった。現代の繁栄は化石燃料によってもたらされたと言っても過言ではないが、化石燃料に頼ることをやめて新たなステージへと移行しようという取り組みが、脱炭素である。なぜ私たちは脱炭素社会を目指すのか。本書ではその基礎知識から、世界と日本の現状や課題などをオールカラーの図解をもとに分かりやすく解説している。

 世界の温暖化ガスの総排出量の8割近くを占めるCO2は、おもに化石燃料を燃やすことで発生する。世界のCO2排出量の内訳を見てみると、全体の3割を占める中国がダントツ。次いでアメリカ、EU、インド、ロシア、そして日本の順となっている。国連の「気候変動に関する政府間パネル」が2021年8月に公表した第6次評価報告書によると、2050~60年に温暖化ガスの排出実質ゼロを達成しても、40年までに世界の気温は1.5度上昇するという。脱炭素社会を目指すには世界の総力戦で、しかも早急に取り組むことが不可欠だ。

 一方、そのために必要な再生可能エネルギーの導入では、欧州各国が電源構成のうち3~4割を占めている中、日本では18%にとどまっている。実は、単位面積当たりの太陽光設備の導入量は、主要国の中で日本が最大である。しかし、山地が多く平野が少ない国土では適地がどんどん減っているという課題がある。50年に温暖化ガスゼロを目指すなら、再エネ率は5~6割が必要という試算もある。農地やビルなど太陽光パネル設置の候補地を増やすための規制緩和や、事業者の支援策の整備などが急務であると本書。

 各産業による取り組みも紹介。脱炭素の教科書の決定版だ。

(日経BP 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外