北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「天使の傷」(上・下)マイケル・ロボサム著、越前敏弥訳

公開日: 更新日:

 臨床心理士サイラスと、「嘘を見抜く少女」イーヴィを主人公にしたシリーズの第2作だが、前作「天使と嘘」を未読でも大丈夫なので、気にせずに手に取られたい。

 元警視の死体が発見されるところから始まる物語で、最初は自殺と判断されるが、現場の状況からこれは自殺ではないとサイラスが警察に進言する。では、誰が殺したのか。

 元警視は、犯人が獄中ですでに死んでいるにもかかわらず、児童連続誘拐殺害事件を調べていることが判明し、さらに捜査の途中で発見されたメモには、イーヴィの異名「エンジェル・フェイス」の文字が書かれていた。そこでサイラスも調査を開始する。イーヴィ・コーマックはかつて異様な殺人現場で発見された少女で、その後は児童養護施設で暮らしていて、サイラスは会ったことがあるのだ。なぜ彼女の名前がメモにあるのか。

 そのサイラス側の調査の記録と並行して、イーヴィの現在が語られていく。彼女は何者かに狙われていて、誰の力も借りずに逃げまわっている。そのサスペンスがじわじわとこみあげてくる。誰が追っているのか。その背景にあるのは何か。緊迫感はどんどん高まっていく。

 前作で語られなかったイーヴィの過去がある程度明らかになるので、その興味もある。しかし、まだ語られていないこともあるので、それは次作に期待したい。これが面白ければ前作「天使と嘘」もどうぞ。

 (早川書房 各1210円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  2. 2
    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

  3. 3
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  4. 4
    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

  5. 5
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  1. 6
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  2. 7
    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

  3. 8
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  4. 9
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 10
    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」

    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」