「ぼけますから、よろしくお願いします。 おかえりお母さん」信友直子著

公開日: 更新日:

「お母さん、その話、もう昨日聞いたわ」

 娘がそうツッコミを入れると、電話の向こうで息をのむ気配。その一瞬の沈黙が、娘を恐怖に陥れた。離れて暮らす母の認知症が始まっていた。

 両親の老老介護を記録したドキュメンタリー映画「ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえりお母さん~」の監督、信友直子が、両親と自分を見つめた家族の物語である。

 母の異変に気づき、東京から広島県呉市の実家に帰った娘は、父の変貌ぶりに驚く。

「わしがおっ母の面倒をみる。人の世話にはならん」。地味なサラリーマン人生を送り、家事などしたことのなかった父が、90代も後半になって、認知症になった9歳年下の妻をいたわり、支えている。実に度量の大きい、いい男になっているではないか!

 一方、前向きで、社交的で、完璧な主婦だった母が、幼児のように感情をあらわにし、父に甘え、母という役割を捨てた生々しい生き物になってしまった……。大好きな母を、努力しなければ愛せなくなってしまった娘は葛藤する。

 やがて父の頑張りも限界に。夫婦でひきこもり状態なのに、両親は頑固に介護サービスを拒絶する。遠距離介護の娘は気が気ではない。

 介護経験者なら身につまされることばかり。でも、つらい現実の中に60年連れ添った夫婦の愛があふれる。ほっこりしたぬくもりと笑いがある。

 2020年、母は脳梗塞を起こし、92歳で永眠。倒れてから遺骨となって帰宅するまでを記録した続編「ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえりお母さん~」が3月末から全国で順次公開されている。

 生きるとは、老いるとは、死にゆくとは? 老い衰えた両親は、娘のカメラの前にすべてをさらし、大事なことを世の中に伝えてくれている。

(新潮社 1450円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

  2. 2
    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

  3. 3
    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

  1. 6
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  2. 7
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  5. 10
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに