「『トランプ信者』潜入一年」横田増生氏

公開日: 更新日:

 アマゾンやユニクロへの潜入取材を行ってきた著者。本書で潜入先に選んだのは、当時のトランプ大統領が2期目を目指して戦う大統領選挙だった。

「以前からアメリカ大統領選挙を取材したいと考えていましたが、今回実現に至ったのはひとえに“トランプが見たい”という強い思いからでした。いったい彼はどういう人物なのか、彼を支持するのはどんな人々なのかを知りたかったんです」

 渡米したのは2019年12月。本書にはおよそ1年にわたりトランプ陣営に潜入し、ついには民主主義のアメリカで起きたワシントンDCの連邦議会襲撃という事態を目の当たりにするまでがつづられている。

 まずはミシガン州でアパートを借り、大統領選ボランティアとして登録するため20年1月に共和党の事務所を訪ねた。渡米から1カ月も経過していたのは、身分証明書となる現地の運転免許証を取得していたからだ。

「私のパスポートにはジャーナリストビザが貼られており、身分を知られると相手に壁ができてしまう。取材対象の懐深く飛び込んで選挙に関する表も裏も知るには、一般のボランティアとして登録される必要がありました」

 結局、免許証の提示どころかアメリカでの選挙権の有無すら確認されないという拍子抜けの事態を経て、共和党ボランティアとしてトランプ支持を呼び掛ける戸別訪問が始まる。初日に訪ねた家は熱烈なトランプ支持者だった。椅子を勧められ、“トランプ 2020 アメリカを偉大なままに!”と刺しゅうされた赤い帽子までプレゼントされている。一方で、反トランプ派の家を訪ねた際には、彼がいかにひどい政治家であるかを懇々と諭されたという。

「反トランプ派には中指を立てられたこともありました。このサインは日本人が考えるよりも深刻なもの。ジャーナリストとして訪ねたのではこれほど生々しい“本音”はぶつけられなかったでしょうから、潜入してよかったと思いましたね」

 支援者集会にも潜入した。参加者へのインタビューには「大統領の言うことはいつも筋が通っている」「必ず約束を守る」など賛美の言葉が並ぶ。そしてついにトランプの登場である。およそ1時間半の演説の間、原稿を読むこともなくよどみなく紡ぎ出される言葉で聴衆の心をわし掴みする。まさにエンターテイナーだと本書。

「集会の翌日にはワシントン・ポストなどがトランプ発言の事実確認(ファクトチェック)記事を出します。彼の演説のどこがウソや事実誤認であるかが明らかにされていき、トランプ政権発足からの累計は1万6000回というから驚くべき数字です」

■信者にとって「トランプのツイッター」こそが事実の基準

 トランプとウソは不可分だが、トランプ支持者たちは事実確認こそがファクトニュースだと言い、トランプのツイッターが事実の基準だと叫び陰謀論も飛び交う。命に関わるコロナへの対応の拙さでトランプ離れも起きるが、選挙後も負けを認めない支持者たちがやがて“信者”となって暴走し、ついに起きてしまったのが連邦議会襲撃だ。

「多数派ではなくなりつつある白人の危機感やキリスト教などの背景からくる熱狂や分断は、日本人には理解しにくいかもしれません。しかしコロナ以降、日本でもマスクやワクチンの必要性に関して極論が飛び交うようになり、民主主義の基本である話し合いや歩み寄りがおろそかにされています。民主主義の崩壊は対岸の火事ではありません」

 再来年、トランプはみたび大統領選に立候補するとみられている。民主主義の危機が一層高まりそうだ。

(小学館 2200円)

▽よこた・ますお 1965年、福岡県生まれ。関西学院大学卒業。アメリカ・アイオワ大学ジャーナリズム学科で修士号を取得。物流業界紙「輸送経済」の編集長を経て99年からフリーランス。2020年「潜入ルポ amazon帝国」で第19回新潮ドキュメント賞を受賞。著書に「仁義なき宅配」「ユニクロ潜入一年」などがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた