「評伝 宮田輝」古谷敏郎著

公開日: 更新日:

 日本の放送史上でひときわ輝くスターアナウンサー、宮田輝。生放送の時代に「のど自慢」「三つの歌」「ふるさとの歌まつり」などの名司会で全国津々浦々の会場を沸かせた。舞台の上で緊張のあまり固まる素人出演者になごやかに語りかけ、巧みなリードで言葉を引き出す。輝さんの声は日本中のお茶の間に届いた。

 平成2年に68歳で永眠してから30年余、現役のNHKアナウンサーが大先輩・宮田輝の初の評伝を書いた。生前、自分のことをほとんど語らず、自伝の類いも残さなかったが、恵美夫人が保存していた資料や録音テープ、夫人をはじめとする関係者への取材で、宮田輝の素顔を追った。

 ふっくらした穏やかな風貌、美声ではないが快い声。何事にも動じず、どんな人にも同じように接する。それを処世術と受け取る向きもあったが、輝さんには人を引きつけてやまない力が確かにあった。

 昭和41年に始まった番組「ふるさとの歌まつり」は、ふるさとの歌や踊り、民俗芸能を、テレビ画面を通じて全国に伝えた。宮田輝は司会役であり、演出家であり、プロデューサーでもあった。都市化が進む中、地域文化の掘り起こしに愚直なまでに取り組んだことが、宮田の未来を変えることになる。

 50代半ばでNHKを退職し、妻にも相談せずに政界入りを決意。全国区の顔である宮田に対して、時の総理大臣・田中角栄はじめ自民党幹部から、参院選への強い出馬要請があったという。「ふるさとの歌まつり」で全国を歩き、地方の悩みや不満をじかに聞いていた宮田は、放送の域を超えた「心のふるさと運動」を考えていたようだ。しかし、政治家としてその志を全うできたとは言い難い。

 日本列島改造論のもと、国土が変貌していった昭和という時代を地方の視点で見続けた宮田。その生涯は戦後放送史にとどまらず、昭和史の貴重な記録になっている。

(文藝春秋 2420円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  2. 2
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  3. 3
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  4. 4
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

  2. 7
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  3. 8
    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

  4. 9
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  5. 10
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂