「竹内レッスン!からだで考える」竹内敏晴文、森洋子絵

公開日: 更新日:

 2009年に亡くなった演出家の竹内氏は、1970年代から「竹内レッスン」という、からだとことばの独自のワークショップを続けてきた。

 その合宿に参加した体験がある森氏が、「ヒトが立ち上がるということ」というレッスンの世界を絵で表現した絵本。

 まずは、全ての生命の源となる太古の海をイメージ。1人が、あおむけになったもう1人の両脚を持ってにょろにょろとゆするなど、各人がそれぞれ水になってみる。さらに、海の波の下にたゆたうコンブやクラゲ、イカになって海中をゆらゆら。

 そこに突然の大変化が起きる。サカナの出現だ。背骨や尾ひれ、大きなアゴなど今までの生き物にないものができる。

 海中で生き物に変化が起きている間に、陸が生まれてきた。すると、サカナが陸に上がろうとする。次々と起こる進化をイメージして、それぞれがからだを変化させ、動かす。

 海で誕生した生命が、魚を経て、爬虫類、両生類、哺乳類となり、ついにヒトになり、二本足で立ち上がるまでの何十億年もの時間の経過を体感するレッスン。生き物とともに変化を続ける原始の地球の景色が背景に描かれ、それぞれの進化を表現するからだの動きをイラストで紹介する。

 竹内氏の娘でダンサーの米沢唯氏は、「コンブのように踊ることと、コンブそのものになって踊ることの間には、大きな大きな差」があると言う。

 サカナが海から上がるときの恐怖と好奇心を感じながらからだを動かすように、「実際に『その場を生きる』ことこそ、からだで考えるということ」なのだそうだ。

 からだを動かすことで「命の誕生と進化」を感じ、考えるレッスン。春休みに子どもと一緒に体験してみてはいかが。

(藤原書店 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記