記憶喪失の頼りない感覚を描く“奇妙な味の映画”

公開日: 更新日:

「林檎とポラロイド」

 ちかごろ「記憶」に関わる不思議な映画が目につく。

 公開中の作品だと「選ばなかったみち」が若年性認知症で記憶を失う作家の話。先週末には他人の人格や記憶を乗っ取る女の殺し屋を描くSFホラー「ポゼッサー」が公開された。そして今週末封切りが、居眠りから覚めると記憶喪失になっていた男を描く「林檎とポラロイド」である。

「選ばなかったみち」は認知症のすきまから自分には別の人生があったんじゃないかと思い迷う主人公の心情があふれ出す。「ポゼッサー」は2代続けてSFホラー監督になったクローネンバーグ父子の息子ブランドンの自信作だ。

 しかし「林檎とポラロイド」はどちらとも似ていない。記憶喪失の主人公は、リンゴが好きという以外すべて忘れている。そこで彼に与えられた治療プログラムは「自転車に乗る」「コスプレして友達をつくる」「運転してわざと事故を起こす」「バーでナンパした女と行きずりのセックスをする」。しかもその様子をポラロイド写真に撮りなさいというのである。

 監督はギリシャ出身の新人クリストス・ニク。これが長編デビュー作というのにベネチア映画祭のオープニング作に選ばれたというオリジナリティーあふれる逸材だ。

 実際この映画、アート作品というには笑える場面が多く、かといってコメディーでもない。なんというか、記憶喪失のあてどなく頼りない感覚の中に観客全体が誘われる“奇妙な味の映画”なのだ。

「奇妙な味」とは、読み終えたあとに不気味な余韻の残るミステリーを指した江戸川乱歩の評語。昔は吉行淳之介や阿刀田高にもそんな題名の小説があったが、ここでは文豪トルストイの幼児向け絵本「3びきのくま」(福音館書店 1210円)を挙げよう。

 子どもが読むと大喜び、大人が読むと奇妙な味。その典型みたいな童話である。 <生井英考>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?