「古代中国の24時間 秦漢時代の衣食住から性愛まで」柿沼陽平著/中公新書

公開日: 更新日:

「三国志」や「項羽と劉邦」の時代について、多くの人は小説や漫画、ゲームで知っているだろうが、そこで描かれるものは基本的には「戦争」や「戦略」にまつわるものであり、人々の生活はよく分からない。農民が義兵を募る看板を見て兵士になろうと決意したり、知識人が居酒屋に集い議論を交わす様子などは描かれるが、実際に当時の人々がどのような暮らしをしていたのかまでは分からない。

 本書は、こうした市井の人々が起きてから寝るまでを解説している。どのように著者はこの本を書きあげたかといえば、以下の説明がある。

〈しかし幸か不幸か、中国古代史の史料はそれほど多くなく、主要なものはせいぜい一五〇〇万字程度である。それは本書一〇〇冊ぶんくらいの漢文であり、逐次的な精読はムリにしても、まともな研究者なら一〇年間もかければ読みとおせる量である〉

 いや、そうはいってもかなり多いが、著者はつぶさにこれらの資料を基に秦と漢の時代の人々の生活を本書で再現してくれたのである。おかげで、三国志や項羽と劉邦関連の作品を読むときに、その背景をより楽しめるようになった。私はコーエーテクモゲームスのニンテンドー3DS「三國志」を毎日やっているが、さらに楽しくなった。

 作品では皇帝はただ玉座に座っているだけのように描かれているが、実際はさまざまな決裁をする必要があり、相当忙しかったことがうかがえる。そして、本書の中身とはあまり関係ないが、特筆すべきは著者のざっくばらんな文体である。これらには思わず笑ってしまった。

〈王莽はハゲで、それを隠すために幘に改良を加え、頭頂部に覆いを着けてハゲを隠した。つまり後漢時代の幘はほとんど帽子のようなものであり、頭頂部に覆いのない従来の幘は未成年用に特化していった〉

 筆者の文体は一般的な歴史の専門家的ではなく、ズケズケと分かりやすい表現をし、私のような悪口が好きな人間は大好きである。

 かくして、当時の食事や恋愛事情、はたまた人々の口臭がひどかったなど、秦・漢の時代の人々の生活を描き切った。中国の歴史好きの人にとっては、あまたの作品を堪能するにあたり、有用なガイドとなるだろう。 ★★半(選者・中川淳一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外