「AI監獄ウイグル」ジェフリー・ケイン著 濱野大道訳/新潮社

公開日: 更新日:

 新疆ウイグル自治区で、人権侵害が行われていること自体は知っていたが、ここまでひどいとは思わなかった。少数民族に対する抑圧は、専制国家ではよくある事態だが、ウイグル人に対する弾圧は、北朝鮮の人権侵害を超えている。最先端技術を活用したAIによる監視が加わっているからだ。

 主人公は、新疆ウイグル自治区の裕福な家庭で育ったメイセムという聡明な女性だ。北京の大学に進学し、その後トルコの大学院に留学した。そこから一時帰国した際に彼女は大きな不幸に巻き込まれる。

 AIの判定で不審者となった彼女の家の居間に監視カメラが設置される。加えて市民教室で愛国教育を受けさせられることになった。さらに外国に行ったことがある人は全員再教育センターに送られることになった。そこで命じられた窓ふきの仕事を拒否したメイセムは、収容所に送られることになってしまったのだ。

 収容所のなかでの暮らしは、想像を絶するものだった。洗脳に近い愛国教育と徹底的な監視だ。床にはセンサーが埋め込まれ、部屋には死角がないように監視カメラが設置される。さらにトイレのなかにも監視カメラがあり、職員がそれをモニターで凝視している。自分の意見を言うことは許されず、命令に少しでも逆らえば、厳しい懲罰が待っている。

 本書は、メイセムの証言だけでなく、彼女の周囲の人物の証言や中国政府の基本政策まで含めてストーリーを構成している。内容があまりに衝撃的だったため、私は最初これが本当のことなのか信じられなかった。ニュースソースが限られていて、メイセムや周囲の人物がウソをついていたり、大げさに言っている可能性があるかもしれないと思ったのだ。

 ただ、真実の可能性が高いと思ったのは、中国がAI監視システムを作り上げることができたのは、米国企業が供給したDNA採取装置やソフトウエアがあったからだと指摘していたからだ。つまり、本書はアメリカ側に立つ本でもないのだ。

 現代社会でまったく人権が守られていない人々がいる。しかし、どうしたら彼らを救えるのか、有効な手だてが思い浮かばないのがくやしい。

 ★★半(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記