「アーサー・マンデヴィルの不合理な冒険」宮田珠己著、網代幸介画

公開日: 更新日:

 イングランドの騎士ジョン・マンデヴィルが記した(とされる)「東方旅行記」は、著者がコンスタンティノープル、エルサレム、バビロンなどを経てはるか東方の異世界を訪れ、旅先での見聞を記したもの。ここには、頭のない種族、1つ目の巨人族、大きな1本足の種族など奇々怪々な怪物や、プレスター・ジョンが統治する幻のキリスト教王国への訪問も記されている。

 しかし同書は実際の記録ではなく、剽窃(ひょうせつ)を含むフィクション。本書は、ジョンの息子のアーサーがプレスター・ジョンの王国探索の旅に出かけ、奇々怪々な出来事に遭遇するという物語だ。

 イングランドの片田舎で趣味の園芸にいそしんでいたアーサーの元にローマ教皇から派遣されたペトルスという修道士が訪ねてきた。後ろにはもう何年も会っていない異母弟エドガーがいる。

 西からはイスラム勢力の脅威にさらされ、東にはローマから分裂したアヴィニョンの教皇が立つという危機に迫られた教皇ウルバヌス6世は、起死回生の策として東方のプレスター・ジョンの王国の援助を得ることを思い立つ。ついては、かの国に実際行ったことのあるジョンの息子のアーサーとエドガーに道案内をせよというのだ。

 しかし、父が書いたものは嘘八百だと知っているアーサーは断ろうとしたが、教皇の強い要請でやむなくペトルス、エドガーと共に東方への旅に出かけることに。

 最初に遭遇したのは、バロメッツという先端に子羊が実るという植物。頭には角の代わりに毛が生え、放っておくとその毛が入道雲のようになってあらゆるものをのみ尽くすという。続いて訪れたのは女性ばかりの国アマゾニア。彼女らに捕らえられて妙な肉を食べたアーサーたちは、魚になって奴隷にさせられるところを辛くも逃れる。

 その後も顔が犬の一族や巨大な蟻がいる国などを経て、最果ての国ヂパングにたどり着く……。

 中世ヨーロッパの旅行記の記述をふんだんに盛り込みながら知的好奇心を刺激する、痛快な架空旅行譚(たん)。網代幸介の細密な絵も興趣をそそる。 <狸>

(大福書林 2750円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外