独身介護士よしこの前にホームレスの男が…

公開日: 更新日:

「鈴木さん」

 コロナ禍に突入してはや2年。いまも終息の兆しなく、変異株の拡大は爆発的なのに「重症化のリスクは減少」の楽観論だけで規制は半端に緩和される。どうみても社会全体が“緩慢な死”に追いやられているのではないのか。

 こういう時代を知的に批判する手が風刺だが、シャレのわからん現代では風刺を理解させるのも難しい。その困難にあえて挑んだのが先週末から公開中の「鈴木さん」だ。

 東京都心以外ならどこにもありそうな、さびれかけた田舎の小都市。そこは少子高齢化を防ぐ独自の市政で全国的に評価が高いらしい。未婚の中年や子のない独身者は非国民。そう言い切る市長の下で全市民が「カミサマ」を崇める。

 肩身の狭いのが45歳目前の独身介護士よしこ。仏頂面で背中を丸めて老婆たちと施設で暮らす彼女の前に「スズキ」と名乗るホームレスの男が転がり込んで……という設定はほとんど紋切り型のコメディー。演出と役者しだいで良くも悪くもなる仕掛けだ。

 そこで力を発揮するのがよしこ役のいとうあさこ。いわゆる“負け犬自虐系”のジョークが得意な彼女だが、上滑りにならず、息苦しさとあきらめのはざまでもがく心中が過不足なく伝わる。佐々木想監督によれば「テレビで拝見して筋の通った方と感じ」たのが起用の理由だそうだが、なるほど彼女あっての作品に仕上がって、自然にシリアスなドラマに達してゆく。

 田舎の寒村を舞台にした奇想天外のユートピアないしディストピア小説といえば井上ひさし著「吉里吉里人(上・中・下)」(新潮社 上・935円、中・869円、下・924円)が先駆けだろう。元は東京五輪のさなかにNHKラジオドラマとして企画したが、上司の不興を買ってオクラになった話が原型という。うまく翻案すれば、本作を上回る大いなる風刺になるのではと、思わず夢想する。 <生井英考>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!