「歴史なき時代に 私たちが失ったもの 取り戻すもの」與那覇潤著/朝日新聞出版

公開日: 更新日:

 冒頭から著者の「残念です!」といった感覚が伝わってくる本である。新書にしては分厚い449ページのこの本は、思想家としての著者が今の世の中に対して本気で訴えたいことが詰まっている。

 2020年初頭に開始した新型コロナ騒動(あえて「コロナ禍」とは書かない。理由は、単なる騒動だったからである)は、多くの人々の行動を制限させ、楽しさを潰した。子供たちはマスクを着けさせられ、修学旅行や行事を潰された。政治家は「今だけ我慢」「勝負の〇週間」などと、「欲しがりません勝つまでは」的な根性論をぶちかまし続けた。

 著者の諦めが最大限に表れたのが「学者たちはなぜコロナで無力だったか」という項目だ。死者が日本よりも圧倒的に多かったアメリカとイギリスに比較し、日本が少なかったことを述べたうえで、こう続く。この頃のアメリカの死者は、10万5000人、イギリスは3万8000人だ。

〈日本で歴史学者と称している人たちはなんですか。日本の総人口は1億2000万人を超えているのに、同じ時点でコロナの死者はわずか900人。日本で死者が累計1万人に達したのは、丸々1年間をかけた21年4月で、この時米国の総死者数は57万人超。脅威の度合いが比較にならない規模なのは、誰にも分かる。

 ところが、あたかも「政府が自粛しろって言うんだもん。民意も怖がってて、逆のことを言ったら叩かれるもん」といわんばかりに、彼らはこの間、大学の研究室どころか自宅に引きこもり、SNSではお友達どうし、ずーっと内輪でZoom研究会の宣伝だけ(失笑)。そりゃ、「こいつらに税金使いたくない」と思われてもしかたないでしょう〉

 まさに正論であり、今回の新型コロナ騒動は、まともな知識人はその茶番性に気付いていたというのに、「とりあえずまぁ、茶番性を批判したら私は叩かれるからな……。あと、私、ちゃんとお金入ってくるから」とばかりにその茶番性を批判しなかった。

 なぜ「マスクをピタッと着けたから第5波は収束した」といった専門家と称するテレビ芸人を歴史学者らは批判しなかったのか。與那覇氏は、今回の騒動について週刊誌等の取材にも「数字に追われ過ぎ」といった批判をしてきた。

 本書はそんな同氏がいかに絶望したか、何が日本の問題なのか、といったところを余すことなく記している。コロナ、いや、コロナ騒動にうんざりしている人は読むべし。 ★★★(選者・中川淳一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外