「農業フロンティア 越境するネクストファーマーズ」川内イオ著/文春新書

公開日: 更新日:

 本書は農業や農業関連ビジネスで成功を収めた10人の起業家たちへのインタビューをとりまとめたドキュメントだ。ただ10人には共通点があって、いずれも他分野からの転身組だということだ。

 私自身も4年前から農業を始めたのだが、家族や友人が消費する分だけを生産して、販売は一切行っていない。だから、プロの農家とは言えないのだが、ここに登場する起業家はビジネスを成立させているので、私よりけた違いにレベルが高い。

 私は、これまで「農業は儲からない」と信じてきた。周りの本物の農家が全然儲かっていないからだ。だから、農業に参入しようと思ったら、私のように農業以外の部分で生活費を稼いで、農業は道楽としてやるのが精いっぱいだと考えていたのだ。しかし、それは間違っていた。これまでの農家は、概して、素朴で、商売っ気がなかったから、儲からなかっただけなのだ。他分野で培われてきた知識やノウハウを農業に持ち込めば、新しいビジネスを切り開くことは十分に可能なのだ。

 もちろん、本書に登場する起業家たちは、発想が柔軟で、行動力のある有能なすごい人ばかりだ。例えばバラ好きで、「食べるバラ」の栽培に参入した起業家は、コロナ禍で売り上げが激減した。ところがすぐに、バラの香りのアルコールスプレーを開発してピンチを脱却し、最終的にバラの化粧品で大成功するといった物語が、本書にはいくつも紡がれている。ただ、本書には成功物語を超える大きな潮流がある。それは、携わるすべての人が、幸福を感じているということだ。だから読んでいるだけで、幸福な気分になってしまうのだ。

 農業というのは、さまざまなビジネスのフロンティアを残しているという意味でも、携わる人に幸福を振りまくという意味でも、実に懐の深い産業だ。一般のビジネスがどんどん仕事そのものの魅力を失い、「こんな仕事をしていても何か意味があるのだろうか」と思わせるほどストレスのかたまりになっているのに対して、農業の仕事は、ずっと楽しいままだ。

 いまの仕事に行き詰まりを感じた時、農業は、残りの人生をかける重要な選択肢になりうるのではないだろうか。

 ★★★(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

人気キーワード