「グリーン・ジャイアント」森川潤著

公開日: 更新日:

 2020年7月、20世紀を支えた化石燃料型の経済が気候変動型の経済へとシフトする象徴的な出来事が起きた。エネルギー界の王座に君臨し続けてきたエクソン・モービルを抜き、名の知られていない地方のエネルギー企業が時価総額でトップに立ったのだ。その企業とはネクステラ・エナジー。アメリカの電力会社で、20年かけて風力発電や太陽光などの再生可能エネルギーの普及に努めてきた企業だった。

 本書では、エネルギー業界の新たな盟主へと躍り出てきた企業たちをグリーン・ジャイアントと名付け、その台頭を記している。

 各国で生まれているグリーン・ジャイアントには共通点があるという。例えば、イタリアで再エネに取り組むエネル。同社は現在、世界最大の売上高を持つ電力会社となっているが、誕生したのは1962年で、再エネへの取り組みが始まったのは2008年のことだ。さらに、再エネの導入量でエネルに次いで世界第2位を誇るスペインのイベルドローラも、起源をたどれば1世紀前まで遡ることのできる老舗電力会社であり、2001年から再エネへの巨額投資をスタートしている。

 1世紀前に設立されたネクステラ・エナジーも含めて、今世界を席巻している再エネ企業はいずれもベンチャーではない。旧来のエネルギー企業が、この20年ほどで再エネに向けて“転身”してきたのだ。

 現在、再エネのフロンティアは「海」にあり、洋上風力発電のプロジェクトが各国で進んでいるが、世界で初めて着手したのは北欧の小国デンマーク。これを手掛けたのも、創業約50年という石油会社であり、2025年には再エネ比率100%を目指すという。脱炭素の最前線が見えてくる。

(文藝春秋 1012円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

  2. 2
    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

  3. 3
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  4. 4
    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

  5. 5
    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

  3. 8
    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

  4. 9
    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

  5. 10
    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

人気キーワード