立川談慶(落語家)

公開日: 更新日:

12月×日 2年ぶりに大分は佐伯へ。ここ20年毎年呼んでいただいていたのだが昨年はコロナ禍でキャンセルとなったので久しぶりの感。飛行機の中ではコンソメスープを飲みながら、立川談志著「作家と家元」(中央公論新社 990円)を読む。今年は談志の没後10年。なんだかあっという間だ。

 この本は談志と談志に近かった一流の作家との対談集だが、若き頃より肝胆相照らす仲であった石原慎太郎氏との対談がずば抜けて面白い。

「そういや慎太郎の奴、裕次郎が具合が悪くなった途端に、自衛隊の飛行機使わせたそうだけど、あれはよくないんじゃないですか? 俺がそう言ったら、あいつ、『自衛隊が警察に協力するのは当たり前じゃないか』って。『西部警察』は本当の警察じゃないって、知らないのかね、あの野郎は」の箇所に大爆笑(CAさんが振り返るほど)。

 石原さんにあそこまで言えるのは談志しかいなかった。石原さんも談志に突っ込まれることで、アウフヘーベン的に軌道修正できたのではと想像。そんな石原さんも保守系政治家としての談志のポテンシャルな手腕に期待を寄せていたと言っていた。

 ほか、伊集院静氏との「カネを唾棄する者同士」の丁々発止、阿佐田哲也氏との兄弟会のようなやり取りなど、言葉の達人達との談志との会話は再読しないと捕捉できないほどの飛躍だ。まだ談志は心の中で生きている。

12月×日 甲府で出版記念落語会。「あずさ」の車中で山口周、楠木建著「『仕事ができる』とはどういうことか?」(宝島社 980円)、スマイリーキクチ著「突然、僕は殺人犯にされた」(竹書房 770円)、中野信子著「ヒトは『いじめ』をやめられない」(小学館 858円)を交互に読む。

 本は同時進行に読むに限る。このスタイルが自分に合っているような気がする。そしてその合間に来年出版予定の本の打ち合わせを若き優秀な編集者とメッセンジャーでやり取り。長距離移動のほうが事務仕事がはかどるのは子供の頃から落ち着きがないからと言われてきたことにもつながる。多読乱読速読。落ち着きのなさは私の数少ない「才能」なのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

  2. 2
    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

  3. 3
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  4. 4
    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

  5. 5
    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

  3. 8
    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

  4. 9
    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

  5. 10
    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

人気キーワード