北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「シリア・サンクション」ドン・ベントレー著、黒木章人訳

公開日: 更新日:

 迫力満点の冒険アクション小説だ。主人公は、DIA(国防情報局)の作戦本部要員マット・ドレイク。彼の任務は、新型化学兵器を開発して見境なくテロリストたちに売っているパキスタンの化学者、通称アインシュタインを内戦下のシリアからアメリカに連れてくること。アインシュタインは、シリアで捕らわれているアメリカ人の居場所も知っているというので、それを聞き出して救出するという任務もある。気の遠くなるような困難を幾度も乗り越えて、ドレイクの迫力満点の潜入行がかくて始まっていく。

 この物語を複雑にしているのが、ドレイクの潜入行を邪魔する勢力だ。それがなんと、アメリカ大統領の首席補佐官ピーター・レッドマン。大統領選を4日後に控えているので、それまでは波風が立たないでほしいとピーターは考えている。そのためには、捕らわれているアメリカ人が救出できなくてもかまわないし、ドレイクの任務が失敗してもいい。とにかく大統領の再選こそが彼の狙いで、その目的を達するなら敵(シリアやロシア)と手を組んでもいいという考えだから、物語がねじれてくる。

 なぜアインシュタインが交渉相手にドレイクを指名したのか、その真実が最後に明らかになるという展開もいい。シリア人の武器商人ザインなどの印象深い人物が登場することなど、美点はまだ他にもたくさんある。アクション小説ファンにおすすめの一冊だ。

 (早川書房 1386円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

人気キーワード