「星新一の思想」浅羽通明著

公開日: 更新日:

 ショートショートの名手として誰もが知る作家・星新一。彼は知名度の高さに反して、長年批評の対象として扱われてこなかった。

 しかし最近、星作品の卓越した予見力に注目が集まっている。例えば「声の網」という作品には、忘れそうなものを保存でき、必要に応じて電話一本で取り出せる情報銀行というアイデアが描かれ、私たちがネットを通して得ているサービスが詳細に出てくる。本書は、こうした先見力に満ちた星新一の全仕事を読み解きながら、彼の思想を考察した一冊だ。

 著者は、彼の思想の根底に秘密というキーワードがあると指摘。大正生まれの星は、兵役回避のために視力を低下させようと長年、本を近づけて読むようにし、計画を見抜かれないよう射撃部に入ったということをエッセー「眼鏡について」で告白しており、この経験が作品に登場するスパイにも反映されていると著者はいう。

 さらに通常のSF小説では、残虐な世界を警告するディストピアが描かれるのに対し、星作品では正義を相対化する「価値観の相対化」が行われているともいう。星作品を改めて読み返したくなること必至だ。

(筑摩書房 2200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!