「お寺の掲示板 諸法無我」江田智昭著

公開日: 更新日:

 お寺の門前に設置され、布教活動の一環として仏教の教えや名言、至言を掲げる掲示板の歴史は100年以上に及ぶそうだ。

 その掲示板の写真をSNSに投稿して、メッセージのありがたさやインパクトなどによって賞を贈る「輝け! お寺の掲示板大賞」から生まれた写真集第2弾。

 本書では2019、20年に投稿された作品を紹介しながら、大賞の企画者で現職の僧侶でもある著者が、それぞれの言葉を解説してくれる。

 冒頭に紹介されるのは、20年の大賞作品に選ばれた熊本県球磨郡湯前町の明導寺の掲示板。

 そこに記されていたのは「コロナよりも 怖いのは 人間だった」との言葉。これは神奈川県のドラッグストアの店員さんのツイッターでのつぶやきで、ツイート当時は新型コロナが猛威を振るい始め、人々がマスクを求めて殺気立っていた。

 人はこの掲示板に、傍若無人な振る舞いをする「他人」の姿をイメージし、無意識に「コロナよりも怖いのは他人だ」と心ですり替えてしまう。

 著者はさらに踏み込み、浄土真宗に伝わる故事や、親鸞上人の教えを紹介しながら、他人の醜い本性に目を向ける前に、他者を平気で傷つける愚かで醜い自分自身の姿に気づくことの大切さを説く。

 他にも大ヒットアニメの登場人物のセリフ「老いることも 死ぬことも 人間という 儚い生き物の 美しさだ」(西本願寺鹿児島別院)、流行語を取り入れた「ぴえんもご縁 超えてご恩」(福岡県・永明寺)、NHKの人気番組の決めゼリフをもじった「ボーッと 生きても いいんだよ」(石川県・恩栄寺)、思い通りにならない人生を表すとともに、他人と比べることの愚かさを一言で表した「隣のレジは早い。」(東京都・延立寺)など。ちょっと笑えて、深くうなずく現代版ポケット経典。

(新潮社 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

  3. 3
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 4
    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

  5. 5
    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

もっと見る

  1. 6
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  2. 7
    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

  3. 8
    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

  4. 9
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  5. 10
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

人気キーワード