「赤と青とエスキース」青山美智子著

公開日: 更新日:

 メルボルンに交換留学で来た大学生のレイは、ある日、知人に誘われたバーベキューで、ブーの愛称で呼ばれる同い年の日系人男性に出会う。ブーとは不思議と話も弾んだが、誰にでも親切で人気者の彼にレイは警戒。しかし、「友達をつくる」ためと考え直し、会うようになる。

 やがてお互いに引かれるが、ある理由から「帰国するまでの期間限定」の恋人関係をスタート。そして帰国が近づいてきた1月、レイはブーから「友人の画のモデルになってほしい。エスキース(下絵)だけで終わらせるから」と頼まれる──。

 今年、「お探し物は図書室まで」が本屋大賞2位になった著者の最新作。メルボルンの画家の卵が手掛けた一枚の「エスキース」が時代と場所を移りゆきながら、人々の人生と思いを紡ぐ5編から成る連作短編集だ。

 テーマに描かれているのは「ふたり」。恋人同士、額装家と師匠、売れっ子になった後輩と対談することになった漫画家、体を壊し仕事に行けなくなった女性と女上司など、「ふたり」の間に起こった出来事を機に、自分に向けられていた思わぬ愛情を知り、人生が展開していく──。

 読み進むにつれ、登場人物たちの謎も明らかに。読後は温かい気持ちになる、仕掛けに満ちた連作集だ。

(PHP研究所 1650円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾