北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「同志少女よ、敵を撃て」逢坂冬馬著

公開日: 更新日:

 すごいすごい。こんな小説、初めて読んだ。第2次大戦のスターリングラード攻防戦を描く戦争冒険小説だが、中心となるのは、女性だけの独立狙撃小隊なのだ。モスクワ近郊の故郷の村を焼かれ、母を殺された少女セラフィマが、女性狙撃手を育成する学校に入り、そこで多くのことを学び、一流の狙撃手となっていく過程が中心になっているので、これはまず成長小説である。

 戦場における狙撃のさまざまなディテールを克明に描き、迫力満点のアクションが展開するので、もちろん戦争小説でもある。

 独立狙撃小隊のメンバーにはさまざまな女性がいて、その確執と友情、衝突と和解のドラマも彫り深く活写される。それが群を抜くほどうまい。物語の大半はソ連側から描かれるが、ドイツ側から描かれる部分もあり、そうなると正義はどちらにあるのかわからなくなってくる。どちらも独裁国家ではないか、との登場人物のセリフがあるように、どちらにも正義があり、どちらにも悪がある。その戦場の混沌を作者は鮮やかに描きだしている。

 しかし本書をいちばん屹立させているのはラストに明らかなように、戦時性犯罪への怒りだ。女性をモノとしか見ない男どもへの怒りだ。セラフィマを筆頭に、独立狙撃小隊の女性たちが闘っていた「敵」は、ドイツ軍ではなく、無神経で、傲慢な世界中の男たちだったのである。強烈な印象を残すシスターフッド冒険小説だ。

(早川書房 2090円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

  3. 3
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 4
    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

  5. 5
    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

もっと見る

  1. 6
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  2. 7
    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

  3. 8
    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

  4. 9
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  5. 10
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

人気キーワード