「絶滅危惧動作図鑑」藪本晶子著

公開日: 更新日:

 写真撮影をはじめ、調べものや送金、読書など、スマホが1台あれば何でも事足りる時代。随分と便利になったものだ。

 新しい道具や生活習慣の登場とともに、人の動作も変化する。100年後、モノや道具は資料として残っているかもしれないが、それを使っていた人の動作は忘れられているかもしれない。

 そんな時代とともに消えていくであろう「動作」を集めたイラスト図鑑。

 平成生まれの著者を基準に、「絶滅危惧レベル」順に並ぶ。まずは「井戸水をくむ」「薪を割る」「洗濯板で洗う」などの「やったことがない 日常生活で見たこともない動作」を紹介。

 さらに「切符を切る」や「体温計を振る」「ちり紙を揉む」などの動作が続くが、このあたりは昭和生まれなら、きっと誰もが体験しているだろう。

 平成生まれには、全くチンプンカンプンだろうが、改めて「絶滅危惧動作」と命名されたこれらの動作のイラストを眺めていると、駅員が乗客の切符を切る合間に鳴らしていたはさみのリズムが響く改札口や、検温のたびに水銀式の体温計を振っていた懐かしい光景が思い出されてくる。

 続く「ちいさい頃に何度かやったことがある動作」の章では、「黒電話をかける」をはじめ、「テレビをたたく」「ギョウ虫検査」など、これまた「そうだった!」と思わず手のひらに拳をポンと打ち付けるような(収録はされていないが、たぶんこれも絶滅危惧動作)気分。

 以降、「携帯電話の電波を探す」など「かつてはやったけど、今はやらない 生活の中であまり見なくなった動作」から、「鍵を閉める」など「今は普通にやっているけど、今後なくなってもおかしくない動作」まで、100種類の動作をシンプルなイラストと解説で紹介。着眼点に脱帽の面白図鑑だ。

(祥伝社 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

人気キーワード