天笠啓祐(科学ジャーナリスト)

公開日: 更新日:

10月×日 デジタル化は、一日中座った生活を強制する。外出する機会を増やすため、なるべく本屋などへ出かけるようにしている。それにしてもデジタル化の勢いは止まらない。このまま行くとどうなるのか。世界的にこの流れに対する警告が出てきているが、まだ圧倒的に弱い。

 その中で最近手にした本がヴァージニア・ユーバンクス著「格差の自動化」(ウォルシュあゆみ訳 人文書院 3080円)である。米国ではデジタル化が貧困者を自動的にリストアップし、追跡し、取り締まり、処罰している、という内容で、デジタル化が格差社会を拡大する様がリアルに描かれている。

 この本で解説を書いている堤未果さんは「デジタル・ファシズム」(NHK出版 968円)の中で、コロナ禍がデジタル化を加速し、そのデジタル化が強欲資本主義の最終仕上げに向かって動かしている、と指摘する。

11月×日 遺伝子組み換え食品に関する消費者団体の会議に出席した。会議がやっとリアルで行えるようになった。その中で、強欲資本主義がバイオテクノロジーの世界も変えつつあることが問題になった。トマト、マダイ、フグというようにゲノム編集食品が次々と承認されている。ワクチンの世界もメッセンジャーRNAワクチンが席巻している。生殖医療や臓器移植の世界も変わってきた。医薬品の開発も様変わりである。その中で新型コロナワクチン接種の強制化のように、批判を許さない環境が広がっている。その波は農業や漁業にも及んでいる。

 そして登場したのが、農水省が肝いりで作成した「みどりの食料システム戦略」である。鈴木宣弘ほか著「どう考える?『みどりの食料システム戦略』」(農文協 1100円)は、この戦略を取り上げているが、有機農業の割合を増やすという甘言の背後にある、ゲノム編集作物や魚、RNA農薬など、バイオテクノロジーを軸に展開している日本の農林水産業の戦略を見ることができる。ハイテク化が社会をブルドーザーのように動かしているが、これを止める力が弱まっている現実に慄然とする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”