「ドキュメント がん治療選択」金田信一郎著

公開日: 更新日:

 居酒屋で突然嘔吐(おうと)したことをきっかけに体の異変に気付いた著者は、近所のクリニックで食道がん疑いの診断を受け、東大病院を紹介された。

 主治医となったのは、以前自身の母親が胃がんの手術を受けて治してもらった医師だったこともあり、当初は安心できると感じていた。

 しかし次第に、実際の執刀医は誰になるのか、転移はあるのか、がんの影響が声帯にまで及ぶのかなどの疑問を解消することができないまま、どんどん治療が進められてしまうことに疑問を感じ始める。お任せで治療が進んでしまうことに抵抗を感じた著者は、ワンクール目の抗がん剤治療が終わったタイミングで、セカンドオピニオンを受けて転院する決意をしたのだが……。

 長年ジャーナリストとして生きてきた著者が、がん患者になった立場から自身のがん治療選択のリアルを紹介したドキュメンタリー。後悔しない治療法にたどり着くために行った難しい決断や試行錯誤の過程が描かれている。巻末には、東大病院の病院長・瀬戸泰之氏と国立がん研究センター東病院の病院長・大津敦氏へのインタビューも収録されている。

(ダイヤモンド社 1650円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

人気キーワード