「ミュージアムグッズのチカラ」大澤夏美著

公開日: 更新日:

 博物館や美術館で展示を見た後、出口近くで来訪者を待ち構えるミュージアムショップ。ついつい財布の紐がゆるくなる、ここでしか手に入らない品々が並んでいる。

 そんなミュージアムグッズに魅了され、著者は「ミュージアムグッズやショップは、博物館のエンドロール」だという。

 ミュージアムグッズは「博物館での思い出を持ち帰るための大切なツールであり、博物館の社会教育施設としての使命を伝える手段」でもある。博物館が映画そのものなら、ミュージアムグッズやショップはそれを総括するエンドロールにあたるというのだ。

 本書は、全国各地の博物館や美術館などの魅惑のミュージアムグッズを紹介するガイドブック。

 県内に多数の古墳がある「群馬県立歴史博物館」のイチオシのミュージアムグッズは「発掘&修復可能なハニワクッキー」。

 土に見立てた砂糖の中に埋もれた埴輪形のクッキーを付属のミニはけで発掘。さらにチョコペンで欠けた埴輪を修復するという愉快なセット。

 一方、「奈良文化財研究所 飛鳥資料館」のおすすめは所蔵品の国宝の木簡がプリントされた「国宝木簡てぬぐい」。木簡が普段保管されている桐の引き出しごと再現されている。手にした人が「引き出しを開けた気分や、保管している木簡を取り出した気分を味わえたらいいな」という施設関係者の思いが詰まった逸品だ。

 こうしたグッズの制作秘話などを関係者に聞くインタビューも収録。

 他にも、「A5ランク前沢牛肉一筆箋」(奥州市牛の博物館)や、「リアル年縞ネクタイ」(福井県年縞博物館)や、「瀬戸焼新幹線 922形ドクターイエロー」(リニア・鉄道館)など、見ているだけで楽しくなるグッズばかり。

 まずは手始めに近くの博物館から訪ねてみよう。

(図書刊行会 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”